千歳のMEONガーデンカフェに行ってきた!自然に囲まれた空間ミオン農苑は癒しの空間でした。

千歳市のはずれにあるMEON(ミオン)農苑・ガーデンカフェに行ってきました。

実は3年ほど前からずっと行きたかったのですが、機会を逃していけていなかったのです。

というのも、このカフェは前から美しい外観で地元ではちょっとした有名カフェだったんですね。

ついに念願叶ったので、その体験レポです。

MEON農苑とは?どこにある?営業時間は?

アール・ヌーヴォー風の門が不思議な雰囲気を放っています。

周りは自然がいっぱい!この日はお庭で作業してる庭師さん?もいました。

MEONガーデンカフェは 薪.石窯料理とワインの店で、ココットやフラムクーヘンがいただけます。

場所は、千歳市から支笏湖の方面に車で10分ほど走ったところ。

電車は走っていないので、車かバスで向かいましょう。

主道から少し入った場所にあるので、小さな看板を見逃さないようにお気をつけください!


MEON農苑
icon-map-marker 〒066-0068 北海道千歳市蘭越1625−6
icon-phone 0123-26-2007
icon-clock-o 10:00~18:00 定休日木曜日
icon-home meonnouen.com

 

MEONガーデンカフェの魅力をご紹介!

MEONガーデンカフェのお食事

夜は18時までしかやっていないので、ブランチやランチがおすすめ!

この日はフラムクーヘンのセットを注文しました。フラムクーヘンはピザのようにパン生地を薄く伸ばしたものでした。

塩っけが効いてて美味しい!半熟卵もとろーりととろけて、フォークが進みます。

サラダも新鮮で味がしっかりしてて横にあるお塩をかけなくてもそのままで美味しかったです。

飲み物が選べ、ワインがおすすめのようでしたが、車できているのでこの日はベリージュースを頼みました。

甘すぎず上品な味で、飲んでいて体に沁み渡るようでした。

 

 

MEONガーデンカフェの素敵なお庭

「素のまんまが一番」「余分なことは止めよう」
水と森と草花、中央に水路、左右にシンメトリーに石板ボーダー、4方面から全ての雨水が水路に向かうようにわずかな勾配、敷地の中央にはトド、エゾ松の円形舞台。
石板、丸石、枕木、私の相棒にミニユンボ。
思い描いたレイアウトを形にするのに5年の歳月を費やしました。

引用: meonnouen.com

MEONガーデンカフェの魅力は何と言っても自然を活かしたお庭です。

綺麗に整いすぎていない、だけど不思議と綺麗にまとまっている、そこに魅了される人がたくさんいるようです。

裏庭を眺めながら食べる食事、心が洗われるようです…

食事を済ませた後は、広いお庭をお散歩することが可能です。

MEONの創設者の方は、立地、建物、お庭、全てにものすごいこだわりを持った方のようですね。

ホームページに立地を選んだ経緯が詳しく書かれています。熱意がすごいです。

 

 

MEONガーデンカフェは贅沢な時間が流れるカフェ!

自然に囲まれて、美味しいものを食べて、すごく贅沢な時間でした。周りは交通量も少なく、とても静かで落ち着きます。

裏庭にある川がまた素敵です。やっぱり水があるっていいなぁ。

店内もアンティーク風で見て回るのが楽しくなる内装でした。(お客さんが多かったので写真は割愛)

ワインやお茶の販売もしていましたよ〜!

置いてある雑誌(CASA BRUTASとか!!)も多く、カフェ好きにはたまらない空間になっていました。

外のテラスではわんこの同伴もOKとのことで、ペットづれで来る方にも優しいですね。

以上、北海道千歳市MEONガーデンカフェでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)