東京・中目黒で感じるコーヒー文化。海外の雰囲気が感じられるONIBUS COFFEEでホッと一息。

カフェの街、メルボルンが恋しいな〜なんて思ってたら、友人から朗報が。

東京・中目黒にあるONIBUS COFFEEで美味しいコーヒーが飲めるんだとか!

なんだか店舗もお洒落みたいだし、行って参りました。

メニューもHPも英語だらけ!やっぱり海外のお客さん、多いんですね。

1. お洒落地区中目黒にあるコーヒーショップ

ここのコーヒーショップを知ったのは、メルボルンに住む友人から[メルボルンに関係するコーヒーショップがあるよ〜]と聞いたから。

今まで散々、メルボルンのカフェばかりをご紹介してきたKobitravelで、このお店について書かない手はないでしょう!

 

だってメルボルンのカフェ文化って本当に素敵なんだもの。

(この日も外国人の方がちらほら。オージーかな?)

この文化に感化されてる日本人、いるに決まってますよね。

 

コーヒーといえばメルボルン!

メルボルンのカフェを回りまくったんだから、絶対話がはずむ!

と思ってスタッフさんに話しかけたのですが…

 

[オーナーは元々、若い頃シドニーのコーヒーカルチャーに刺激を受けてこのお店を開いたみたいですよ]

 

って。

 

シドニー。笑

 

いきなり撃沈です。シドニーのカフェの知識はゼロ。

 

話全然弾まなかった。笑

 

もっと突っ込んで聞いてみればよかったかな。

 

でも後からinstagramでご紹介されていましたが、10月10日には、

あのセブンシーズの豆を使用したカッピング(簡単に言うと試飲大会みたいなもの)が行われるそうです!!

 

なんだやっぱりメルボルンと関係あるんじゃない!

セブンシーズコーヒーはメルボルンで、ここの豆を避けては通れないほど、いろんなカフェで使われている超有名なロースター(自家焙煎)なんです。

 

味が深く強烈なコーヒーは、ぜひ一度試して欲しいですね。

わざわざオーストラリアなんか行かんわwwwって方も、中目黒なら行きやすいのでは!

 

 

2. 和洋折衷な2階席

基本的にはスタンディングスタイル、お持ちかえりが多い印象ですが、聞けば2階席があるとのこと。

1階でコーヒーを受け取り、早速階段を上がってみました。

か…かわいい…!

障子風の窓など、和を感じさせる内装に、ハイスツールがとってもお洒落。

 

最近の日本はこうゆうのが流行りなのかな?

 

窓からは線路が見え、横を電車が通ります。

なんだか大都会、東京だってことを忘れてしまう。

 

 

この日選んだコーヒーはエチオピアのもの。

酸味が強く、でも全く水っぽくない、しっかりと深くて美味しいコーヒーでした。

こういう苦味のあまり強くない、フルーティーな味に出会ってから、

ブラックでもコーヒーが飲めるようになりました。

 

コーヒーが苦手な方も意外と飲める!かも、しれません。

 

 

 

3. ONIBUS COFFEE 中目黒店 基本情報

Mampuku Kobito
毎日9時から6時まで営業!さすがです。東京には他に奥沢に1件、渋谷に2件系列店があります。HPをチェックしてみて。
◎お持ち帰りOK ◎wifiなし ◎トイレなし

icon-map-marker 〒153-0051 東京都目黒区上目黒2丁目2−14−1
icon-phone 03 6412 8683
icon-clock-o 月~日 9:00-18:00
icon-home onibuscoffee.com
icon-instagram @onibuscoffee

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)